2015
タイトルにそぐわない、こんな時期の更新…(笑)
すっかり放置しておりましたブログですが、それでものぞきに来てくれる方がいるなんて、
ただただ、嬉しい限りです。ありがとうございます!!!

---------------------------------------------------------------------------------------------------
 3月
---------------------------------------------------------------------------------------------------
今の職場もあっという間に2年目に入りました。
日々勉強することが多くて苦戦しつつも、若くない脳を駆使して(笑)
そんな中でも少しずつやりがいを感じながら、なんとか頑張っておりますよ。
やっぱり、人と接する仕事は大変!事務的なことだけで良いのとは訳が違うのです。
それでも、感謝されたりすると「頑張って良かったな」と思えるようになりました。
(こうゆう風に思えるのにずいぶん時間がかかったけど…^^;)

さて、今日から3月。
息子はもうすぐ小学校生活最後の学年、6年生になります。
私が小1の時の先生と未だに交流があって、先生からのお便りに書いてある言葉にいつも「はっ」とさせられるのです。

e0189130_8315090.jpg
特にこの(↑)先生からの年賀状は、1枚の葉書の中にびっちりとご家族の1年の出来事が記されていて、
先生夫婦のこと、2人の息子さんとそのご家族のこと、4人のお孫さんのこと、
一面にびっちりと書いてあるこのスタイルは、先生が定年を迎える最後の1年間受け持ってもらった
小1の頃と全く変わっていません。家族新聞みたいな感じで、毎年読むのが楽しみなのです。
最近はこの年賀状の中に2人のご家族に向けて子育てを大切にってよく書いてあります。
私にいただいた年賀状の余白にも同じ言葉をいただき、今まで以上にすごく考えるようになりました。
私たち夫婦なりに、私なりに、大切にしてきたつもりだけど…今一度思い返して見直すきっかけになったのでした。
先生は、いつまでも先生です。本当にありがたいです。
この頃は”就活”ではなく”終活”なんて仰っているけど、まだまだ元気でいて欲しいです。

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 つながり
---------------------------------------------------------------------------------------------------
そんな先生とのやり取りを時々思い出しながら過ごしていたら、
息子との向き合い方も自然と前と少しだけ変わった気がします。

2月中旬から仕事が繁忙期に入り、毎日クタクタで帰宅する毎日の中、
前の職場つながりで知り合ったおじ様から、ふらのワインが届きました。

e0189130_8505851.jpg
ビックリしたのと嬉しいのとで、お礼に私が大好きなトマトジュースを贈ったら、
すぐにお電話をいただいて「気を遣わせてしまったね」と恐縮されていたけれど、
定年を迎えられてもまだまだ現役で久しぶりの元気な声に、私もテンションが上がってしまいました(笑)。

お友達に贈るのに私のことを思い出して、贈(送)っていただいたという話し、
もう6年も経つのに、時々私のことを思い出すんだよ、という話し、
本当に自分を思ってくれるって、こうゆうことなんだなーって思うことが多くなったこの頃。
そしてこのおじ様も、先生と同じように子育てのことを仰っていた。

人生の先輩の仰ることは、本当に説得力以外の何物でもない。
日々、真面目に誠実に。祖母の教えも然り。


[PR]
by riris_diary | 2015-03-01 05:08 | days
<< 2015.3.8 sun. 心と空 >>



*** 日々の種 ***
by りり
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31